蛇口の水漏れなど水のトラブル時の応急処置について

福祉施設での水のトラブルの一つとして、蛇口の水漏れがあります。専用の工具や機器があれば、ホームセンターなどで蛇口を購入して自分で修理することも可能です。一方、夜間など応急処置が必要な場面も出て来ます。その際のポイントを押さえておくことで、被害を最小限に抑えられます。

■軽度な蛇口の水漏れの場合の応急処置

蛇口の水漏れ原因の一つとして、配水管の接続部分などの一部分が緩んでしまっていることです。モンキーレンチなどの工具があれば接続部分を締め直すことで、水のトラブルが直る場合もあります。水による振動が原因で止水栓が開くことで、蛇口から水漏れが起こり得ます。軽度の場合は、止水栓で調整することも可能で、概ねハンドルを右へ回すことで水量が減る仕組みとなっています。それに伴い軽度の場合は、水のトラブル回避に繋がります。
一方、軽度であっても水漏れなどの症状が表れている場合は機器のどこかが劣化している状態です。放置してしまえば、症状悪化に繋がりかねません。日時を調整したうえで、専門業者に定期メンテナンスを依頼して蛇口の状態を確認してもらうと安全な使用へと繋がります。

■蛇口の種類に合わせた処置について

日頃使用している蛇口の種類は各福祉施設や生活場所で異なります。水のトラブル時には、それぞれの種類に合った処置をすることで被害を抑えられるでしょう。
温度や水量の調整を一つのレバーで行うシングルタイプの場合は、水を出すときに上げて止めるときに下げる仕組みです。特に水を出している際に、水漏れが起こりやすい状態となっています。原因はレバーに遊びという緩みが出ていることで、機器や内部の接続部分の交換が必要となります。カードリッジタイプの場合は、10年が交換の目安ですので、消耗している可能性があります。交換の際は、間違ったタイプのものを選べば水のトラブルは直りませんので、注意してください。
お湯と水を2カ所の蛇口から出す仕組みのハンドル混合タイプは、主にパッキンの劣化やナットの緩みから水漏れが起こります。各種専用工具があれば自分で修理も可能で、部品もホームセンターに行けば揃います。しかし規模が大きい場合は、止水栓を止めて専門業者に修理をしてもらうと良いでしょう。

■まとめ
蛇口の種類によって、水漏れなどの水のトラブルにおける症状は異なります。専用の工具と相応の技術があれば、自分で修理することも可能です。自信がなかったり水のトラブルにおける症状が重度な場合は、可能な範囲で応急処置をして専門業者に依頼をしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ