生活場所やタイプに合わせた水漏れを防ぐポイント

大小のタイプを問わず水漏れをはじめ水のトラブルが起きると、福祉施設の場合は入所者の生活に支障をきたしかねません。トイレや風呂など、水を使う場面は少なからずあります。職員が定期メンテナンスを兼ねたケアを適宜行うことで、トラブル回避に繋がります。専門業者に依頼することも、一つの方法としては欠かせません。

■日頃から心掛けておきたいシャワーの水漏れ対策

日頃から水漏れについて職員側が気を配っておくと、トラブル時に慌てなくて済むでしょう。風呂のシャワーを使用している際、パッキンやホースは消耗品の一つで、シャワーは水圧が相応に掛かりますから劣化が早くなりやすいです。水垢が溜まらないように、ヘッドの掃除をすることでも水漏れを防ぐことに繋がります。
手元で一時的に止めることができるタイプの機器を使用している場合も、注意が必要です。使用後に水栓を閉め忘れてしまえば、水圧が掛かり水漏れの原因になります。その他として、接続部や蛇口などの緩みを適宜確認しておくと良いでしょう。パッキンの交換など道具と工具があれば、自分で修理をすることも可能です。

■キッチンも水漏れ対策をする方法があります

福祉施設に調理場がある際、キッチンも水漏れが起こりやすい箇所の一つです。タイプに合ったケアをすることで、トラブル回避に繋がります。
入所者は毎日食事をしますが、食べ残しは出てしまいます。生ごみや油汚れが排水管に流れてしまえば配管がやられてしまい、水漏れの原因となります。排水管には、タイプに合ったネットをかぶせることで固形物を流さなくて済みます。油汚れが皿や鍋にある場合は、拭いてから洗うと良いでしょう。
キッチンを使用した後に、お湯を10秒ほど流し続けることも水漏れを防ぐことに繋がります。排水管には、蓄積された汚れやゴミがありますが流し続けることで、トラブル回避を図れます。パイプクリーナーや重曹などを用いたケアをすることでも、衛生面でも清潔に保つことができます。それに伴い食中毒などのトラブルを防ぐことにも繋がり、入所者が快適な生活を送りやすくなります。

■まとめ
福祉施設の場合は、入所者が日夜問わず生活をしている場所です。水漏れを防ぐために、シャワーやキッチンなどタイプに合ったケアを行うとトラブル回避に繋がります。衛生面でも清潔な状態を保つことができると、快適な生活を送りやすくなります。専門業者による定期メンテナンスを受けると、より確実なケアも図れます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ