水漏れやお湯がスムーズに出ない際の水漏れ 修理

給湯器を使用している福祉施設の場合は、お湯が出なかったり配管からの水漏れなどのトラブルも起こり得ます。水漏れ 修理を必要とする場合でも、間違った処置をしてしまえば二次被害に繋がりかねません。特に機器内部のトラブルが起きた際は、相応の知識と技術が必要となります。可能な範囲応急処置をすることで、被害を最小限に抑えることもできます。

■給湯器から水漏れが起きた場合はお湯を出さず応急処置

水漏れに伴う給湯器のトラブルに伴い、水漏れ 修理が必要な場合はお湯を出すことはやめて応急処置が必要となります。ガス栓やバルブ栓を締めてから、水を止めます。給湯器の下部にバルブ栓がありますが、わからない場合は止水栓を締めてください。そのうえで、ガス温水機器のバルブが閉まっているかを確認すると良いでしょう。
給湯器の水漏れは、放置してしまえば一酸化炭素中毒や漏電による災害が起こり得ます。使用することは止め、専門業者に相談をしてください。定期メンテナンスを兼ねて時間を調整して機器の状態を確認しておくと、中長期的に安全な使用に繋がります。

■お湯のトラブルの場合について

お湯が出ない場合の給湯器トラブルも、起こり得る問題の一つです。ガスメーターが、ガスを遮断していることが原因です。たとえ微量でも給湯器にはガス漏れを検知する機能があるため、お湯が出なくなります。症状が表れた場合は、電源を切るなどあらゆるガス機器の作動を停止させてください。メーターがある場合は、作動するように調整をすると良いです。そのうえである程度時間をおいて確認した際、再稼働できていたら問題ありません。
福祉施設の場合は、入浴の時間も欠かせません。定時だけでなく、深夜入所者のケアを兼ねてお湯を使う機会もあります。給湯器には追い炊き機能がありますが、お湯が出ないこともあります。機器だけでなく、お風呂のフィルターのトラブルも原因の一つです。定期的にフィルター清掃をして、トラブルの回避をしましょう。症状が大きくなり水漏れ 修理が必要になれば、入所者の生活に支障をきたしかねません。

■まとめ
福祉施設では入浴や調理の時間などで、お湯を使う機会はあります。給湯器を設置している場合は、フィルター清掃や専門業者に定期メンテナンスをすることで水漏れ 修理などを防ぐことに繋がります。時間帯を問わず、水漏れなどの症状が出た際には可能な範囲の応急処置をしたうえで専門業者に相談をしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ