福祉施設で起こり得る水漏れと水漏れ 修理の対処について

福祉施設で起こり得る水漏れと水漏れ 修理の対処について 近年では高齢者や児童などの入所施設が増えていて、中には24時間365日対応している場所もあります。日々入所者や職員が生活をしていく中で、水周りのトラブルが起きる可能性は十分にあります。特に、深夜早朝に起きた場合には相応な対応が必要です。福祉施設の場合は入所者のケアが必要となり、可能な範囲水漏れ 修理に掛ける時間を短縮できると本来の仕事への支障を抑えられます。場合によっては、24時間365日営業をしている水道業者もありますから、依頼することも一つの方法です。

■管内診断を受けることで水漏れ 修理の予防ができます

福祉施設では、入所者や職員がトイレや入浴などで水を使う場面が多くあります。急なトラブルを避けるためには、給排水管の診断を専門家の視点から受けることも一つの方法です。排水管の劣化状態は、外側から見ただけでは分かりません。内視鏡など細い管を用いて、錆やこぶなどの状態を確認していきます。そのうえで、職員に診断の報告をしたうえで次の対策をとる流れが一般的です。配水管の高圧洗浄機を用いて、清潔な状態に保つ方法もあります。ただし、移動車の準備など大がかりな作業をする場合は、時間帯によっては難しくなるので日時調整が必要となるでしょう。状態がひどい場合、修理ではなく配管工事が必要となります。その際も、相応の工期が必要となります。

■夜間早朝に水漏れ 修理が必要となった場合について
夜間早朝に水漏れなどのトラブルが起こった際は、24時間365日営業をしている業者に修理を依頼する方法もあります。一方、営業所から施設まで距離がある場合は、作業員が到着するまでに相応の時間を要します。そのうえ、時間帯によっては大がかりな修理工事ができない場合があります。
応急処置として施設内全体の水栓を止める方法もありますが、問題のない所も使えなくなってしまうため、他の場所に影響が出ます。そのため、配水管から水が漏れている場合は、専用の補修テープを貼ると良いでしょう。ホームセンターでも販売していますから、トラブル時に備えて用意しておくと安心です。
排水管からの水漏れの場合は、それ以上水の使用をしなければ問題ありません。詰まりが発生している場合は、中の水がなくなるまでポタポタと流れています。補修テープを貼る以外にも、バケツや雑巾を水漏れ箇所に置くことで建物全体へ被害が広がらないようにすることが大切です。

■給湯器で起こるトラブルと対応策

ガスタイプの給湯器の場合は、一時的に自動で水抜きをしてくれる機能がついていますが、トラブルへの対策は可能な範囲で行っておくと安心です。
まずは、水漏れなどの症状が表れたら、速やかに使用をやめて給湯器の電源を切ってください。そのうえで、症状が表れている箇所を見つけていきます。水抜き栓が原因の場合は、内部の圧力を下げるために排水する機能のため機器の故障ではありません。しばらくして症状が改善された場合は問題ありません。
一方、機器内部や配水管接続部の場合は、使用をやめてください。応急処置としての水漏れ 修理をしていく中で、専用の補修テープを貼りつけると余熱によって溶けてしまいかねません。機器の内部の故障の場合は、相応の知識と技術が必要です。間違った処置をしてしまうことで、二次被害に繋がりますから、水栓を止めたうえで専門業者に修理を依頼してください。

■まとめ
福祉施設で生活をしていく中で、水周りの故障などのトラブルは起こり得ます。応急処置も一つの方法ですが、給湯器の場合は方法によっては二次被害に繋がりかねません。定期的な管内診断などのメンテナンスを受けることで、破損や詰まりを予防できます。その際は、信頼できる業者に依頼すると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース